ブーケガルニ
BOUQUET GARNI

ブーケガルニ

洋風煮込み料理の定番アイテム

ブーケガルニは、ヨーロッパでよく使われる臭み消しのための香草の束です。“ブーケ”はフランス語で「束」、“ガルニ”は「香草」を意味します。本来、フレッシュハーブを束ねたり布袋に包んだりして作りますが、最近では、ドライハーブをミックスした手軽なタイプもあります。臭み消しに効果があるローレルとタイムを中心にブレンドされ、それにパセリやセロリなどを加えるのが一般的ですが、特に決まった組み合わせはなく、各地方で手に入るハーブを使うことも多いです。

マスコットのブーケガルニは、肉や魚、野菜の臭みを和らげてくれるハーブとして知られているローレル、ローズマリー等をブレンドしています

ブーケガルニのブレンドレシピ例

ローレル 2枚

パセリ 小さじ1/2

エストラゴン 小さじ1/4

タイム 小さじ1/2

お茶パックにすべてのハーブを入れる

Mascot's Spice
ブーケガルニ

袋入 ブーケガルニ

使い方のヒント

フランスの家庭ではブイヨンやスープを調理するときによく使います。肉や魚の臭みを消し、料理の風味を引き立てます。ポトフやシチューなどの煮込み料理4~5人分に1袋の割合で加えてください。長時間煮込むと苦味が出てくることがありますので、煮込みはじめに加え、火を止めたら取り出してください。

スプーン
ポトフの作り方

玉ねぎ2個、人参1本、じゃがいも2個をそれぞれ皮をむいて一口大に切る。深めの鍋に、お好みの肉(一口大に切る)約600g、切った野菜、ブーケガルニ1個を入れ、材料が隠れるくらいまで水を加え加熱する。アクを取りながら30~60分程、全体に火が通るまで煮込み塩で味をととのえる。