バジル
BASIL

バジル

フレッシュな香りが食欲をそそる「王様のハーブ」

一口にバジルといっても種類が多く、色や香りの違いがあり仲間の多いハーブです。代表的な品種であるスイートバジルは甘くて爽やかな香りが特徴で、イタリア料理には欠かせません。すっきりとしてわずかにクローブに似た香りが特徴のホーリーバジルは、タイ、ベトナム、台湾などの東南アジアでよく使われます。ホ―リバジルを使ったタイ料理「ガパオ(バジル炒め)」は日本でもおなじみです。

バジルは、別名「めぼうき」とも言います。江戸時代に水に漬けてゼリー状にした種子(バジルシード)で、目に入ったごみを取り除いていたことにちなんでいます。

科名:

シソ科

主な産地:

フランス、イタリア、エジプト、アメリカ、スペイン他

香りと味の特長:

甘くて爽やかな香り

Mascot's Spice
バジル

スイートバジル(フリーズドライ)

バジル

使い方のヒント

バジルはトマトやチーズとの相性が抜群のハーブです。ピザやパスタ、カプレーゼなどのサラダ、トマト煮込みへの利用は定番です。バジル単品でも良いですが、ガーリックやオリーブ油と合わせて使うと、それぞれに個性を高め合い風味が増します。生のバジルは、料理のトッピング用としてはもちろん、オリーブ油やにんにく、松の実などと合わせてペースト状にしたジェノベーゼにしたりしてお楽しみいただけます。パスタソース以外にも、バゲットにつけたり、ソテーした鶏肉や白身魚のソースとしてもおすすめです。

ドライバジルは、フレッシュなものより香味が凝縮され甘くスパイシーです。鶏肉や魚のソテー、オムレツなどの卵料理、ミネストローネなどのスープやその他煮込み料理、焼き菓子など幅広い料理にお使いいただけます。

スプーン
バジルふりかけの作り方

ちりめんじゃこ大さじ2、白炒りごま小さじ1、バジル(乾燥品)小さじ1を全て混ぜ合わせる。