シナモン/カシア
CINNAMMON/CASSIA

シナモン/カシア

お菓子にはもちろん、料理との相性も抜群

シナモンはクスノキ科の常緑樹で、いくつかの近縁種をシナモンと称しています。上品な香りが特徴のセイロンシナモンや、力強い香りが特徴のカシアがその代表です。スパイスとして利用されるのは樹皮の部分で、薄くはいだ樹皮を幾層か丸めてスティック状にしたものと、樹皮を粉末にしたものがあります。

シナモンは最も古いスパイスのひとつで、古代エジプトでは、ミイラを保存するための主要な薬剤としてシナモンが使われました。聖書にもシナモンを示す記述があります。

科名:

クスノキ科

主な産地:

シナモン<セイロンシナモン>:スリランカ、インド
カシア:中国、ベトナム、タイ、インドネシア

香りと味の特長:

甘く上品な香り。カシアはシナモンよりも刺激のある力強い香りを持つ。

Mascot's Spice
シナモン/カシア

セイロンシナモン(スティック)

セイロンシナモン(パウダー)

袋入 シナモン -カシア- <スティック>

シナモン -カシア-(パウダー)

シナモンシュガー

使い方のヒント

シナモンは甘味感を高める効果があるので、クッキーやケーキなどのお菓子によく使われます。

パウダーのものは、お菓子以外にも、カレーに加えたり、パンやヨーグルトなどに振りかけたり、使い方は様々です。フルーツとの相性も良く、特にりんごとは好相性で、アップルパイや焼きりんごに良く合います。

また、甘いものだけでなく、料理の香り付けや肉の臭み消しとしても使います。カレー、豚の角煮、シチューなどの煮込み料理に加えると味わいが豊かになります。肉の臭み消しとして、パウダーのものをハンバーグやミートローフなどのひき肉料理に混ぜ込んでも。

ホール(スティック)のものは、チャイや、ホットワイン、サングリアなどのドリンクを作る際に香り付けとして使います。コーヒーやミルクティー、ココアなどをかき混ぜるマドラーとしての使い方は、目にしたことがあるかもしれません。その他、パウダー同様、ジャムやコンポートを作る際に加えたり、カレーやその他煮込み料理の風味付けに使ったりします。中東やインドなどではピラフやビリヤニなどの米料理にも使われます。

スプーン
ホットワインの作り方

小鍋にワイン1/2カップ、シナモンスティック1/2本を加えて温めてグラスに移し、お好みではちみつを適量加える。

スプーン
シナモンシュガーの作り方

グラニュー糖大さじ1とシナモンパウダー小さじ1を混ぜ合わせる。